60代【酸性カラー】悩みは細い髪。ボリュームUP白髪染め

【スポンサーリンク】

60代【酸性カラー】悩みは細い髪。ボリュームUP白髪染め

酸性カラーで白髪染め

本日の60代のお客様。

白髪を隠したい。毛先の色抜けも気になる。

悩みは細い髪なので、ボリュームをだしたい。

このお悩みを解決いたします。

 

【お客様のオーダーメニュー】

→酸性カラー

【お客様の髪の悩みは】

→艶が無くなりハリコシ無ない

【お客様の求めていること】

→頭皮少し弱いけど確り白髪をかくしたい

 

◆性別→女性

◆年齢→60  歳代

◆髪質→普通毛

◆髪の色→少し茶から黒寄り

◆職業→主婦

◆普段のファッション→カジュアル

 

酸性カラーは ロコスアッソ美容室

 

酸性カラーで白髪染め。細い髪が悩みです。

傷みを抑えて白髪を隠したい、ボリュームが欲しい

今回の施術内容は

・根元1センチに白髪が多いので、根元には低アルカリカラー

・毛先15センチは色の退色のみなので、傷まない酸性カラーで色を補助

・髪の毛全体の長さの9割は、酸性カラーになります

 

 

 

 

 

 

酸性カラー3つの特徴

・酸性域のヘアカラーなので傷まない

・酸性の性質上、髪にハリがでる

・髪にボリュームがでる

 

 

スタッフのコメント(お客様の髪の現状)

→普通毛なんですが髪の毛が細い。ハリコシが弱い。

ブログのサイトマップ

 

酸性カラーでお悩み解消。細い髪もボリュームUP

酸性カラーの組み合わせでボリュームがでる

今回のお客様は60代です。

酸性カラー自体は、髪を明るくすることが出来ません。

ベースの色抜けした、明るい箇所に酸性カラーのウォームブラウンをオン。

60代に酸性カラーをおすすめする理由

・健康な髪は、弱酸性だから。

細い髪には酸性カラーが相性がいい

・髪全体が酸性カラーの手触りになり、ハリとボリュームがでた

・60代の方は、定期的な白髪染めをされるので、酸性カラーは髪への負担を和らげる

 

 

 

スタッフのコメント(使ったカラーの色や工夫したこと)

根元に低アルカリカラー剤

白髪染め5トーンから8トーンまで白髪染めが出来ます。

色は、ウォームブラウン 明るさ、6トーン

 

毛先には酸性カラーなので、痛みは最小限に抑えます。

酸性カラーの色はウォームブラウンを塗布します。

 

このヘアスタイルのポイント

→トップと前にボリュームがほしいので、酸性カラーと、根元のボリュームupカット

酸性カラー剤で髪全体に艶をだし手触りを良くしました。

 

酸性カラーは5色

ディープブラウン、ブラウン、イエロー、レッド、ブルー5色(スイーツクリアー)

お客様のアンダーの色を基準にレッドや、ブルーの量を調整しより色の彩度を調合していきます。

より綺麗なオリジナルのオシャレ染めのカラーも実現できます。

 

細い髪にお悩みのヘアカラー

この記事を書いた人

ROCOS assaut’w   by nachi

あなたの髪の悩みは何ですか?読みたい記事がすぐ見つかる!

ロコス「髪」ブログのサイトマップ

ロコス「髪」ブログTOP

【美容師の悩み解決ブログ】

「美容師ブログ101号室」TOP

「美容師ブログ101号室」サイトマップ

【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA